TO-C
 

魅力的な額縁

叙勲額の種類について考える

叙勲額というのは、叙勲で受章された賞状や勲章を飾るための額縁のことです。 叙勲は社会への貢献や公共の働き、特定の分野における優れた業績が認められた人に国が授与するものです。 毎年春と秋に叙勲が行われており、4000人ほどの候補者が内閣総理大臣に推薦されて審査決定されます。 受賞者は宮中の伝達式で賞状と勲章を受章されます。 名誉ある記念の品なので専用の叙勲額に入れて飾る人が多いようです。 叙勲額は色やデザインなど様々な種類が販売されているので、好みや飾る場所の雰囲気にあったものを選ぶ工夫をすると統一感がでます。 自宅に飾るかオフィスに飾るかによっても適したデザインが変わってきます。 素材も高級木材を使用したものから軽くて持ち運びやすいアルミのものまで揃っています。

人気のある額縁はどんなものなのか

叙勲額は叙勲賞状とメダルを一緒に入れる一体型のものと、別々に飾る分離型のタイプがあります。 トレンドとしては一体型の叙勲額が人気があるようです。 一体型の叙勲額は勲章を入れてあるケースも一緒に飾ることができるのが特徴です。 賞状と勲章がバランスよく額に収まるように、ケースがせり出さないように工夫されています。 また、木の枠組みに布張りで作られているなど高級感がある額縁が多いという傾向があります。 アクリル板にUVカット加工がされているなど、大切な賞状が劣化しない工夫もなされています。 オーダーメイドでオリジナルの叙勲額を作れるショップも人気があります。 専門店で購入すると、表彰式の記念写真も同じ額縁で揃えられるなどの利点があります。